当院について

鍼灸 福岡 機能性ディスペプシア

 風月院の鍼灸治療

東洋医学に基づいた鍼灸専門の治療院です。
中医学をベースに、症状が起こっている原因や発症のメカニズムを明らかにする「弁証論治」と、脈診や舌診、顔面気色診や背候診、腹診、空間診といった「多面的な診断方法」によって診断、治療を行っています。
症状が起こる原因や発症パターンを東洋医学的に分析し、その方の体質や症状に合わせた治療を行います。

こうした治療方法は、院長が所属する鍼灸学術団体「北辰会」の治療法に基づいて治療を行っています。
また、マッサージなどの手技や、リラクゼーションを目的とした施術は行っておりません。

北辰会のホームページ
https://hokushinkai.info/ 




福岡市 鍼灸院 女性 リウマチ

根本治療のための問診と体表観察

初診時は、カルテに症状や現在の状態についてご記入いただきます。現在の状態、症状がいつからどのように起こっているか、また、体質や生活環境や二便、月経の状態などについて問診を行います。
東洋医学では「三因制宜」といって、体質や年齢、性別、生活環境や、季節や気候などが症状に影響すると考えています。場合によっては、精神状態やストレスが症状に影響している場合もあるため、ストレスや悩みについてもお聞きする場合があります。
問診後の体表観察では、実際にお身体を触って身体の状態を確認します。脈診や舌診、腹診や手足の経穴を確認する東洋医学的な診断方法です。
こうした体表観察を行うことで、より正確にお身体の状態を確認していきます。

福岡市 西区 姪浜 鍼灸 女性鍼灸師 腹痛 肩こり 不妊症

一人ひとりの症状に合わせた鍼灸治療

カウンセリングと体表観察を基に、一人ひとり詳細なカルテを作成し、治療を行います。
当院では「症状が起こっている原因に直接アプローチする」ことを目的にしているため、痛みがある部分とは別のところに鍼を刺す場合があります。
例えば「肩こり」という症状でも、緊張性の肩こりもあれば、下半身の弱りによって起こる肩こりもあります。原因によってアプローチ方法が違うため、人によって鍼を刺す場所が違います。
症状の原因やメカニズムを明らかにした上で、適切なツボに1~3か所鍼を刺します。刺激が少なく身体に負担をかけないため、鍼灸治療が初めてという方にもオススメです。
小さなお子さんや妊婦の方、過敏な体質の方や高齢者の方には、打鍼や古代鍼といった刺さない鍼を用いて治療を行う場合もあります。



お電話によるご予約・お問い合わせ

福岡市 鍼灸院 女性 リウマチ

ごあいさつ

当院のホームページに目をとめていただきありがとうございます。院長の筒井です。
こちらをご覧いただいている方の中には、ご自身だけでなく、ご家族の方の症状でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
私自身、母親や自分自身がリウマチに罹っていたこともあり、体調不良による辛さや健康のありがたさを感じながら過ごすことが多かったように思います。そんな中で、私の人生に光を灯してくれたのが鍼灸でした。
都内の鍼灸学校を卒業後、鍼灸院と往診による治療を行う中で、時には親子、ご家族全員の治療を担当させていただく機会がありました。将来的には、親子2代、3代で通っていただけるような鍼灸院を開きたいという想いを抱いていましたが、この度約20年ぶりに九州に戻り、福岡で開業する運びとなりました。

今は西洋医学、東洋医学を問わず、治療においてもたくさんの選択肢があります。その中でも鍼灸治療を、当院を選んでいただいた方にとって最良の治療が出来るよう、日々努力を続けていきます。 

 

福岡市西区 鍼灸院 往診 訪問

鍼灸師プロフィール

東洋鍼灸専門学校卒業
三軒茶屋鍼灸治療院に勤務
博美堂鍼灸院に勤務
心月院にて往診担当

対応可能な疾患:
頭痛、肩こり、顔面神経、メニエール病、耳鳴り、動悸、息切れ、狭心症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、月経不順、月経前症候群、不妊症、不育症、更年期障害、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、パーキンソン病、関節リウマチ、アルツハイマー型認知症、パニック障害、うつ病、肝硬変、脳出血後の麻痺など

メールによるお問い合わせ